ユウゾウからの手紙より抜粋:

大連と満洲は日本と清国(明治時代の中国は清が統一していました)が戦争をして日本が勝ちました。賠償金として清国から大連と満洲の割譲(日本の領土とした)を受けました。然しながら当時(明治時代)列強であった帝国ロシア(今のロシアとは体制が違い皇帝が統治していたので帝国ロシアと呼称していた)。フランスとドイツが日本の大連と満洲の割譲に理不尽であると主張してきました。これを三国干渉と呼びました(学校で習ったはず)。当時日本は弱小国で泣く泣く大連と満洲を清国に返還しました。所がその直後寒いロシアは東方への進出を図っていたので帝国ロシアは強引に清国と交渉し、大連、旅順と満洲を永久租借してしまいました。帝政ロシアは旅順を軍港とし軍艦を多数配備し、満洲の奪還を目指しました。これを日ロ戦争と呼びました(学校で習ったはず)幸いに日本は勝ち旅順、大連そして満洲を日本の領土とし植民地化しました。日本は反軍半民の「南満洲鉄道株式会社」を大連に創立し大連から満洲の北まで鉄道を敷きました。。。。大連は元々東洋のパリと国際的に評価され欧米人を始めアマタの国籍の人々が商業活動に従事し国際都市でした。然し第2次世界大戦で日本とドイツは敗戦国となり又また共産国となっていたソ連(今のロシア)に大連は占領されソ連の兵隊が多数進駐してきました。。。。日本人も中国人も李香蘭は中国人と信じていた。敗戦となって日本人であったと分かった。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。