代行サービスシリーズ

自粛しなきゃいけない時、家事をする時間がない時、たくさんの事をする力がなくなってきた時、お金で解決できる問題が世の中にはたくさんある。今日は代行サービスについて紹介したいと思う。

代行サービスなんて贅沢で高い物だと思っていた。でもあなたがiphoneを持っているならそれは世界基準で見るとかなりの富裕層に仲間入りしている事になる。iphoneを買っても毎日屋根のある家に住み、ご飯を食べているのであれば代行サービスに払うお金はきっとあるに違いない。

問題はお金が払えるかという事ではなく、

それに払う価値をあなたが見出すかというところにある。

若い頃はとにかく一円でも安くなる方法を求めた。

でも今は違う。

あるYoutubeで学んだ事がきっかけで目に見えないコストに目を向けるようになった。

例えで言うならこんな感じ。

ある品物を買いたいと思った時に二つの選択肢があるとしよう。

あなたが時給1000円で働いている場合、どちらがお金をセーブできるだろうか?

a. 1時間かかる店まで自ら買いに行く

b. 500円の送料を払って発送してもらう

今までの私なら500円の送料をケチるために1時間かけて買いものに行っていたと思う。

でもその動画ではこう説明していた。

むしろ発送料に500円払って、浮いた1時間分働いた方がいい。

もちろん働きたい時に自由に働けるわけではないが、発送料を払っても1時間働いた方が500円のプラスになる。

では発送料を払わなければ利益が単純にないだけか?

いや、そうではない。むしろマイナスである。

「1時間買い物に行く」という作業自体、実は500円以上の多くのコストがかかっている。

1時間という人生の貴重な時間。

何かを学ぶ事に当てれば、多くの事を学べる。

休息する事に使えば健康を保ち、もっと大事な仕事にエネルギーを費やせる。

家族と共に充実した時間を過ごせば一生の良い思い出になる。

働けば1000円もらえる。発送料に500円払っても自分にとっては500円プラスの益になる。

しかし1時間かけて買い物に行くとなると、移動時間と体力を消耗する事になる。

品物が大きくて重く、私のように車がなければ尚の事だ。

目に見えないコストは目に見える500円というコストより遥かに大きい。

もちろん1時間歩いたりランニングしたりしてそれ自体が健康に貢献するなら無駄ではない。

とにかく大事なのは置かれた状況に置いてコストを正しく計算する事にある。

家族と過ごす時間や休息などによって健康を保つことは、かなり高い価値がある。

そういった事を踏まえて考えた時に代行サービスに払うお金はむしろ安いくらいに思えたりする。

調べたら以下のような代行サービスがある事がわかった。

忙しい日々の中で時間を作る為、生活を楽にする為、親の介護の為、お年寄りから若者までいろんな使い方ができる代行サービスを以下にまとめてみたのでよかったら参考にどうぞ。

1. 食料品、食事宅配

個人宅配には、180~200円(税別)の利用手数料。

子供のいる家庭や、高齢の家庭などに対する各種割引制度もある。

加入時に出資金として500円または1,000円かかるが脱退時に全額返ってくる。

 

2. 洗濯、クリーニング系

 3.掃除

4. いろんななジャンルの物がネット注文できる

服のレンタル

クリーニング代も全部含まれるから洋服を洗ったりクリーニングに出す手間と時間を考えたらそんなに高くないも。

漢方

【やっぱり代行サービスまで払う余裕はない?では便利家電で時間とエネルギーをセーブ!】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。